発酵パーク 信州みそ・甘酒・どぶろく|丸井伊藤商店(長野県,信州諏訪)

新商品開発プロジェクト

創業100年を数え、味噌造り一筋に昔ながらの伝統の技を尊重し、更に新しい技術を取り入れ、
研究を重ねて故郷の味を届けております。

どぶろく

この「どぶろく」は、八ヶ岳の伏流水(軟水の井戸水)と八ヶ岳山麓産の幻の酒米「ヨネシロ」、そして長野県が開発した「アルプス酵母」を使用し、当社の杜人と蔵人の手により醸される、特に信州産にこだわった代物です。

フルーティーな香りとすっきりした後味が特徴で、酒通から初心者まで、幅広く楽しんでいただけるよう、次の4種をラインナップしました。

詳しく見る

どぶろく

かもしかプリン

長野県八ヶ岳の厳選素材を使った、みそ屋のプリンができました。

天然蔵の木樽で熟成した2年味噌を使用。
チーズを思わせる濃厚なコク、クリーミーな口どけ、信州味噌のほのかな風味がマッチした新感覚のプリンです。

詳しく見る

かもしかプリン

HISTORY

信州の気候と歴史が生んだ丸井の天然蔵味噌造り

信州の諏訪地方は、八ヶ岳から流れる諏訪湖に至る清流と、澄んだ空気に恵まれています。湿気が少なく冷涼な風土を生かした名産品として味噌、寒天が作られてきました。

信州諏訪味噌は明治から大正にかけて諏訪湖周辺で栄えた製紙産業にルーツがあります。製紙工場では、寄宿生活を送る工女たちの食事用に、繭蔵と諏訪の気候・風土を利用して自家製の味噌を作るようになりました。その後、製糸業は衰退しますが、工場は味噌製造工場として生き残り、現在も信州諏訪味噌というブランドとして知られています。

丸井の味噌蔵ある茅野市宮川は、昭和の初期に諏訪湖周辺の繭蔵を移築した、50坪以上の大型の板倉が数棟集まった全国的にも珍しい地域で、現在でも味噌蔵や寒天蔵に使用されています。

団体様・旅行業者様へ

オンライン通販へ

最新情報